ぬしゃ子の不妊治療日記

38歳、妊活4年目にして体外受精はじめました。2017年5月からの治療の日記

BT16日目 hCGが増えているか病院に行ってきた

こんにちは。ぬしゃ子です。

昨日の朝もドゥーテストしてみました。

前日より濃くなっておりました。
(写真貼ります)

f:id:u_kotd:20170925141546j:plain

ね。

私にとっては、育ちは遅いけど、もしかしたらこのままちゃんと育つんじゃないかな?!と思わせてくれる濃さでした。

 

迎えた本日、BT16日目

判定日にhcgが低かったので、胎嚢が確認できる頃より前に一回hcg検査にきてもいいと言われたので今日広島ハートクリニックに行ってきたのでした。

ここ最近の判定日よりドキドキが止まらなくて、待っている時間は緊張ものでした。

hcgがちゃんと増えてくれていれば、次の胎嚢確認となるはず。
減っていたりしたら今回はダメだったとみなされるか。

 

f:id:u_kotd:20170925153029p:plain

 

結果は

hcg119。

本来であればBT10でhcg40だったので、今日は300を超えていないといけないくらいです。

よって、今回も妊娠は成立しないという見通しとなり、黄体ホルモンの薬もストップすることとなりました。

「子宮外妊娠の心配はないですか?」と聞くと
「鋭いねー!」と言われました。笑

まぁもちろん今の段階では何も分からないのでそれ以上の話にはなりませんでした。

そして原因ですが、院長先生も受精卵の染色体異常で育たなかったんだろう、と言われていました。子宮側はちゃんと着床させようと頑張ってる、とのこと。

やはり受精卵の問題のようです。

体外受精だと自然妊娠より子宮外妊娠が多いのか聞いてみた

「排卵後すぐに戻したりすると漂う時間が長くてその可能性はあるけど、今やっているのは胚盤胞移植だから!すぐに着床体制に入る卵だから、その可能性は自然妊娠より全然少ない!」とのことでした。

もちろん少ない確率に入ってしまうこともありうるけど、少し安心しました。

今後について悩む

体外受精はもちろんまだ続けるのですが、凍結胚盤胞はあと1本となりました。
(受精卵2個入り)

子供は二人欲しいと思っています。(欲張れば三人欲しかった)

次の最後の凍結している卵で妊娠できたら、二人目の治療を採卵から始めることになります。

早くて2年後とかかな。

今ですら採れた卵が染色体異常のものばかりだったってことなので、できる限り早いうちの卵の方がいいですよね。

しかもこれは卵子の問題で精子は受精できてるのでほぼ問題ない、と衝撃的なこともおっしゃっていました。

今更ながら、女の人の年齢と妊娠との関係をひしひしと感じるお話でした。

なので、凍結胚盤胞を1本残し先に採卵しておくか、それをせずに凍結胚盤胞移植を行うか、ですね。

どのみち今か後かで採卵するなら早い方がいいのは分かってるんですが、また大金がかかるかと思うとちょっと萎縮してしまう。。

いや、けどどのみちかかるお金ならやはり早い方がいいよね。

とにもかくにも夫と相談ですね!

 

 3度目の体外受精の区切り

hcgは少しずつですが増えている状況で、今回はダメだったと区切ることとなりました。

先生との話を終えて看護婦さんとの話を待っている間はやはり呆然とごめんね、と思っていました。

今回はそんな状況でもあるので、帰り道、空を見上げると空が綺麗で心がキュっと涙が浮かんだりしましたが、切り替えて子宮外妊娠でないことを祈ることとします。

ふと、昔大好きな先輩(女)が教えてくれた

「下を向いてると泣きやすいけど笑いにくい。その代わり上を向くと泣きにくいけど笑いやすいよ」

という言葉を思い出しました。

上を向いて涙を滲ませちゃいましたが、同時にキュっとした心を広げてくれる気もします。

太陽いっぱい浴びて元気をもらおー。

 

最後に一つ。

今日の診察代が保険内で1400円程でした!

安くてびっくり。笑

 

 

 

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ